参加費&手数料一切無料! 😃 ⇒圧倒的コスパのラオス・ビエンチェン渡航 ✈

2020年、法人化10周年を迎えるわかこくが企画した、海外ノマド体験インターンinラオス!

これまで協会内外で聞こえてきた、さまざまな声

「ノマド推しはいいけど、海外とか行ったことないし……」

「英語が話せないし……」

といった、海外ノマドへの不安を一掃して、ちょびっつアジアでのノマドワークを体験できるツアーになっています。

もちろん、今回もわかこくらしく色々なことを盛り込み過ぎて、そのメリットや特長を説明することは容易ではありません。

ですが、いよいよゆるーく参加者募集 を開始した、そのインターンの特長をご紹介します。

パンフレット情報を一部、切り取って掲載していきます

わかこくの歴史とノマドワーク

わかこくは、2009年に 某MMOオンラインゲームで集まった国内外のひきこもりの若者が終結して誕生したNPOです。

その後、ひきこもりや不登校など、若者にとって生きづらい日本社会でどのようにサバイブ(生存)していくか、講演会やワークショップを重ねてきました。

設立当初から、「ひきこもりながら、収入が得られたらいいよね」というメンバーの思いがあったため、情報化まちづくりの理念を掲げて、ホームページ制作を地域社会から受注して、自分たちの仕事作りをしてきました。

WEB制作の仕事は、パソコン一つで仕事ができます。

そこで、「いずれは、家賃や食費など、生活経費(コスト)が安い、発展途上国でみんなで移住しよう!」ということで、法人名に「国際」という名前が入ることになりました。

今回のインターンは、わかこく会員もしくは学生(通信制を含む、中高大・院)の方ならどなたでも応募可能なインターンです。

ノマドワークに必要なスキルや能力を、総合的に「無料」で学べます。

・・・・

・・・・

無料!?

そうなんです。

だんだん怪しい情報商材のようなノリになってきました。

わかこくの運営方針は設立当初から、情報化まちづくりで上がった収益で経費支弁する非営利事業の展開。

このインターンでは最低限の実費だけを負担していただき、参加費や手数料など余分な費用負担はありません。

ご自身の渡航費(飛行機代)と宿泊費のみを負担していただくだけで参加可能です。

*ただし、感染症などご不安な方は予防接種、
また海外(医療保険)に入ることをお勧めします。

「いやいや、飛行機乗って宿に泊まっても食費がかかるじゃん?」

という、方にも特報です。

宿泊費には、皆さまが飢え死にしないように朝と夕の食事も含まれています!

宿泊先は、ラオス・ビエンチェン近郊にある、フォンパパオ村に所在するパラソル・ビエンチェン:青少年の自助グループを支援する宿泊型研修施設になります。

滞在中は、孤児の教育支援や就業支援の現場を体験していただくことになります。

「いや、そうではなくてノマドワーカーに必要なスキルを学びたい!」

という方もご安心下さい……

ボランティアや国際協力への参加は任意です。

というよりも、インターン中に何をどのように学ぶかは、事前のカウンセリングで柔軟にオーターメードすることができます。

大きな特長は、自分で滞在プランをメニューから選択していけるところ。

 滞在中に、たとえば「いやあまり無理したくないので、ツアーというか旅行や自然を中心に楽しみたい」ということであれば、ルアンパバーンやバンビエンといった自然豊かな地方ですごくことも可能です。(ツアー代金移動費などは自己負担)

 ただ、学生の方には自分自身で企画・提案できる現地の青少年支援に貢献していただくと進学や就職活動にプラスになるところ大です。

 本インターンでは、ラオス国立芸術学校との提携により、青少年支援ボランティア(1日~)に貢献いただいた方に、ボランティア証明書を発行します。

 基本的な一日のイメージは……

午前に講義形式・学びのインプット

午後は自由活動時間(午前に出た課題を好きな場所とする)=ノマド体験

夕食時に一日のブリーフィング

といった流れが一日になります。

講義・レクチャーは、下記が用意されています。

  どうでしょうか。

 英会話、WEB制作は渡航者のレベルに合わせた学習が可能なうえ、TOEIC&TOEFL試験対策も可能です。

 ヲワコン感漂う日本社会で疲弊した心身を、しっかりセルフケアして心理的にもマネイジメントができるように、マインドフルネスの講座があることも魅力的です。

 マインドフルネスでは、仏教寺院での瞑想・打禅を体験していただけます。

 またSST(ソーシャルスキルトレーニング)/営業講座では、クライアントとの交渉やコンサルティングに必要なビジネスマナーやコミュニケーション能力を培います。

 申し込みの流れ 

 

 さて、渡航先のラオス・ビエンチェンについては、ブログでご紹介していく予定です。

 また渡航前や渡航後にはそれぞれ研修会と報告会の機会があります。

 そんな詳しい情報については、お問い合わせいただいた方にお知らせしていく予定です。

現在はこのインターンは、βパイロット中運転です。

次回、参加者は随時募集しています。

参加希望者の方、お問い合わせやご質問がある方は、下記メールアドレスまで、必要事項をお知らせください。

 ✉ info@practice.kaitooooo.com 

[必要事項] *件名に「ノマド体験インターンについて」を記載

①お名前

②生年月日

③職業

④電話番号

⑤住所

⑥志望動機・もしくは お問い合わせ・ご質問内容

何でもお気軽に、お問い合わせ下さいね。

わかこく事務局