アメリカ語学留学の授業について

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

英語が好きになれるか、かかっている授業

ホームページのリニューアルが入り、少しお久しぶりの投稿になりました。 留学中のmyuです。

学校の授業にたまについていけない・・・

わからないこと多すぎてこの科目嫌い…。

など学生のときに思ったことありませんか?

しかも1日に数科目やるって多すぎる…。テストも近いのに…。

など憂鬱な気分になったりしますよね。

私もしょっちゅうなっていましたし、今も数理科目は大嫌いです!

おかげで高校、大学と数学科の先生達を困らせていました…。

ですが比較的文系科目といわれる、国語や歴史は得意でなにかと点数を取ってましたが、唯一英語だけは嫌いでした…。

理由は英単語が覚えていないから、意味がわからない、文章が長くてわけわからなくなる…。というしょうもない理由です…。

今回は授業について、考えてみたいと思います。

授業について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語が苦手でも大丈夫!

私は今も語学学校に通って地道に英語の勉強をしていますが、私の語学学校ではレベルがあります。

簡単にいうと初心者クラス、中級者クラス、上級者クラスの3つです。

私は初心者クラスの中でも下の方からのスタートでした。

先生達も比較的簡単な英語で話してくれたり、ゆっくり話してくれたり、ホワイトボードを書いて伝えたりと授業についていけるように、丁寧な配慮がありました。

しかし、授業はただ聞いているだけの授業ではないのが、日本の授業との大きな違いです。

アクティブラーニングというのでしょうか。

授業で何回も発言や発表をしなければならなかったり、ペアを組んで作業をしたりしなければならない時がありました。

日本人も数人いたのですが、もちろん日本語を話せば先生に注意され、翻訳機を使うと怒られ、電子辞書を使うと「辞書は使わないで先生に聞いて」と注意されます…。

ですので最初は本当に片言英語でどうにかこうにかやっていくので精一杯でした…。

結果として、聞くだけの授業にはついていけていたのですが、話す、行動するなどの何かのアクションを求められる授業にはついていけませんでした…。

成績をもらう日にも先生からのコメントで「もっと喋って!!」と書かれるほどでした…。

 

それでも授業には、なんとかついていけました。

「もともと英語が少しできたから授業についていけてたんじゃないの…?」って思った人いると思います。

学校が始まる前のクラス分けテストで「あなたの好きな趣味はなにか、またその理由を作文しなさい」というテストで私がどんな英語を書いたかというと…

 

I like play game and listen to music. I was 5 years old, I played the piano, so I like listen to music…

 

本当にこんな感じです…。笑

御覧の通り、文法も単語もめちゃくちゃでした…。

これが自分の書ける最大限がこれでした…。本来であれば”when”, ”because”とか接続詞など使ってスムーズに理由を述べたりするのですが、なんて書いたらいいのかわからなくてこうなりました…。

アクティブラーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れればどんどん自信がつく

アメリカに来て5、6ヶ月が経った今ではというと…

比較的ましになりました!!

どうましになったのかというと、基本的な英語の受け答えはもちろん、授業でわからない単語を先生に質問し、その意味もおおよそ把握できるようになりました。

あの単語の意味と似てますか?と聞くこともなんとか出来るようになりました。

最近では、授業内でペアで何かを話し合いするという時でもスムーズに話すことが出来るようになってきました!

他の国の友達から「あなたの発音いいね!」と言われることも増えてきました!

そんな風に褒めてもらえたときは、嬉しいです!

それでも話すのは学校という場面でしかも語学学校という他の人も英語を学んでいるという状況下に限定されています。

他の人からみたら、まだまだなのです…。

実際の生活の場面で、たとえば銀行で新しく口座を作る時も「翻訳者を呼びましょうか?」とか「ごめんなさい、あなたの言っていることがわからない」と散々に言われました…。

今でも現地の人と会話すると「はい?何言っているの?」という感じのことを普通に言われます…。

 

留学してから心が折れたことはあります。

私よりも年下の日本人の子は英語が流暢でなおかつ中国語も少し話せる。

私と同じレベルの子なのに、あの子は私よりもすごく話せるし理解している。

などなど、卑屈になったりしたときもありました。

それでもなんで頑張れたかというと、周りの友達のおかげです。

友達と一緒に授業をうけることが出来ると楽しくなりますし、わからないことがあると友達に気軽に聞けたのでとても助かりました…。

先生も優しい人達でわからないところを聞くと私がわかるまで教えてくれたのでいまだにここの内容がわからない…。というのが一切ありませんでした!

 

もし留学しようと考えている人で「授業についていけるか不安…。」と思ってる人!

そこまで心配しなくて大丈夫です!!

留学の現場に飛び込めば、どうにかなります!

あんな誰でもわかるような英語しか書けなかった人が今ではなんとか他の人とコミュニケーション取れてます!

なので、留学を考えている人はあまり思い込んだりせずに、気楽に留学を考えるといいです!

 

関連記事