参加報告:さかいボランティア・市民活動フェスティバル

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

2014年10月25日(土)
堺市社会福祉協議会の協力とNPO法人SEINの宝楽陸寛さんのファシリテーションのもと、「さかいボランティア・市民活動フェスティバル」にて、ひきこもりについての啓発活動として「ひきこもり相談ブース」の設置と事業プレゼンテーション・セッションイベントを実施いたしました。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

セッションでは、

「ひきこもりの人たちを支えたいとき、どんなかかわり方ができますか?」
「コミュニケーションの取り方や仕事とのマッチングはどうやっていますか?」
「インターネットをつかえる環境・精神状態にいる人ばかりではないのでは?」

など様々な意見やアイデアについて話合うことができました。

わかこくの初期から起動塾時代のエピソードをお伝えする中で、Webデザインやデータ入力等のお仕事作りの方法と、仕事と当事者の方との実際の相性について興味を持ってくださる方がとても多かった事が印象的でした。ディスカッション会場は盛り上がり、中にはパネルを何度も書きなおして、熱心に質問をしてくださる方も居ました。

今回のイベントを通して、一般の方への「ひきこもり」についての関心を喚起し理解を得ていく活動のだいじさをあらためて実感することができました。

参加して下さったみなさま、また堺市社会福祉協議会の皆様、ありがとうございました。

関連記事

ラオス・ビエンチャン市教育スポーツ省(Education and Sport Department of Vientiane Capital)

(報告)WisaはラオスへICTセンターを寄贈しました

(報告)WisaはラオスへICTセンターを寄贈しました 2021年11月6日(土)、私たちWisaは一般社団法人ドットテック(フリーランス・ビレッジ)とともにラオス政府ビエンチャン市にICTセンター(約6,000ドル)を